乳児性湿疹について知っておこう

乳児性湿疹とは?

赤ちゃんの顔や体に出る赤い湿疹をまとめて乳児湿疹と呼びます。

赤ちゃんは食べこぼしや飲みこぼしが多く、また汗をかきやすいので肌がよく汚れます。そんな汚れや汗が原因となりできるのが幼児性湿疹です。赤くカサカサになり、かゆみをともなうのが特徴です。

代表的なものとしては乳児脂漏性湿疹があり、これはだいたい生後二週間から一歳くらいまでの間に起こります。多くの赤ちゃんが経験する皮膚の病気でしょう。

乳児脂漏性湿疹の症状は、頬や口のまわり、あご、額、頭などを中心に赤いポツポツの湿疹が出たり、皮膚がカサカサしたりします。少しジュクジュクすることもあるでしょう。髪の生え際や眉毛などに黄色いフケや油っぽいかさぶたのようなものが付着する場合もあります。

このかさぶた状のものが見られる段階で、乳児脂漏性湿疹だと判断されます。湿り気をおびてべたべたしたかさぶたを放っておくと臭い出し、かさぶた部分が赤くなり、その下にかゆみをともなった赤い湿疹ができはじめます。このかさぶたを放置すると厚みが増して洗っても取れなくなるので、早めの処置が必要でしょう。

乳児性湿疹も乳児脂漏性湿疹も赤ちゃんに汗腺ができ上がる一ヶ月頃から見られ、たいていの場合は一、二ヶ月で自然に治ることが多いです。しかし繰り返し症状が出たり、なかなか治らない場合もあり、この時はアトピー性皮膚炎への移行が疑われるでしょう。そのようなときは皮膚科を受診しましょう。

 

予防とスキンケア

汚れや汗が原因となる乳児性湿疹の予防には、汚れたり汗をかいたらこまめに清潔にすることが大切です。食べこぼしが皮膚に付いたときはゴシゴシ拭かず、皮膚を傷付けないようにガーゼでそっと汚れを押すように拭いてあげましょう。

一日一回は入浴時に刺激の少ないせっけんをよく泡立てて、やさしく手などを使って洗ってあげましょう。洗った後はていねいに洗い流しましょう。これが乳児性湿疹の基本的な予防とケアになります。

乳児脂漏性湿疹になった場合も、一日一回、入浴時にきれいに体を洗うことが大切です。フケのようなものは洗い流せばきれいになります。かさぶた部分はベビーオイルをひたしたコットンを当ててふやかすとはがれるので、入浴前の三十分頃からコットンを当てておくとよいでしょう。お風呂で、せっけんやシャンプーでていねいに洗えばはがれます。その後はよく洗い流して、お風呂上りには水けを拭きとりましょう。

オイルでふやかしてもなかなか取れないかさぶたもあるので、その場合は無理に取らずに自然に取れるのを待つのがよいでしょう。

また、赤ちゃんの爪を伸ばしておくと湿疹やかさぶたができた時に自分で引っかいてしまい悪化させる場合があるので、深爪にならない程度でこまめに切ってあげることをおすすめします。

 

悪化した場合は?

乳児性湿疹も乳児脂漏性湿疹も家庭でのケアで十分に治ります。

ただ、乳児脂漏性湿疹の場合で、かさぶたがこびりついて取れなくなったりかゆみがひどい場合、なかなか治らない場合、よく分からない症状が出た場合などは皮膚科を受診するとよいでしょう。