幼児性乾燥肌について

幼児性乾燥肌とは?

赤ちゃんや幼児の乾燥肌を「幼児性乾燥肌」と呼びます。

幼児性乾燥肌が起きる原因は、乳幼児期の子供の皮脂の分泌の低下と、角質層の薄さにあります。子供の肌は水分が保たれにくく肌荒れしやすくなり、それが肌のバリア機能の働きを低下させて乾燥肌を生み出すのです。

 

予防とスキンケア

デリケートな子どもの肌はわずかな刺激にも弱いものです。刺激しないようにやさしく、毎日のスキンケアを心がけましょう。

低刺激の無添加せっけん

お風呂では、刺激のない無添加のせっけんを泡立てて使って親の手でやさしく洗ってあげるといいでしょう。せっけんの洗い残しや、ゴシゴシ洗い過ぎないように気を付けましょう。

温めすぎはダメ

体のあたため過ぎはかゆみを生むし、長くお風呂につかり過ぎると水分が奪われ、乾燥肌の原因となります。お風呂は熱過ぎない温度で、長く入り過ぎないようにしましょう。

風呂上りの保湿ケア

お風呂から上がった後はバスタオルで体を拭いて水分を取り、やはり肌にやさしい無添加の保湿ローションや保湿クリーム、オイルを塗ってケアしてあげましょう。

紫外線対策も忘れずに

また、紫外線から肌を守ることも大切です。日差しが強くなってくる時期は、赤ちゃん(子供)用メーカーから出ている低刺激の日焼け止めクリームを塗るといいでしょう。薬の塗り過ぎは乾燥肌の要因になるので、容量通りに使いましょう。

暖房の使い過ぎも原因に

乾燥しやすい季節である秋から冬にかけては暖房の使い過ぎは避けましょう。暖房を使うと空気が乾燥して肌の水分を奪ってしまい、乾燥肌の原因となります。その場合は加湿器などを使い、空気の乾燥を防ぐとよいでしょう。

 

乾燥肌が悪化すると・・・

赤ちゃんや幼児の肌は乾燥しやすく、乾燥肌が悪化するとひび割れなどが起こって雑菌が皮膚内に入ってしまいます。その雑菌の影響でアトピー性皮膚炎になる事もあるので、注意が必要でしょう。

体中にかゆみをともなった湿疹ができるアトピー性皮膚炎は子供が掻きむしりやすく、掻きむしってさらに悪化させ、肌がただれてしまう場合もあります。アトピーと疑わしい症状が出た場合は皮膚科を受診しましょう。

 

次ページ
「冬場や夜間にかゆみがなるのは?」