乾燥肌における食べ物の要因

乾燥肌に良い食べ物とは?

乾燥肌を改善するにはバランスのとれた食事をすることが大切だと述べたばかりですが、ではどんな食べ物が乾燥肌には良いのでしょうか。乾燥肌に良い食べ物について、さらに詳しく取り上げてみますね。

 

乾燥肌に必要な栄養素

まず、先述にもありますが、乾燥肌に必要な栄養素はビタミンです。ビタミンはとても大事な栄養素で、特にビタミンA、B、Eは肌にはなくてはならないものです。

各ビタミンの詳しい働きを見てみると、ビタミンAは肌にうるおいを蓄え、新陳代謝を正常にします。このビタミンAを多く含むのは緑黄色野菜の他、サバやイワシなどの青魚、わかめなどの海藻類、シジミやホタテなどの貝類などです。

ビタミンBも、Aと同様に新陳代謝に影響します。新陳代謝を活発にし、乾燥肌の炎症を抑える働きをします。このビタミンBを多く含むのは豚肉やレバー、卵、大豆などです。特に大豆はビタミンBにくわえ、ビタミンEとたんぱく質を豊富に含むので、肌にとってとても良い食べ物です。

ただ、ビタミンBは加熱すると壊れてしまう水溶系ビタミンなので、できるだけ生のままで食べることが望ましいのです。生のままでビタミンを摂取するのに最適な食品として納豆があります。納豆はさらに肌を保湿する成分・ポリグルタミン酸も含んでいるので、乾燥肌の改善には適した食べ物と言えるでしょう。

ビタミンEには肌にうるおいを与え、血液の循環を良くする働きがあります。このビタミンBを多く含むのはゴマやアーモンドなどのナッツ類です。ナッツ類は食べやすい食材ではありますが、カロリーが高いため、とり過ぎには注意が必要でしょう。

ビタミン以外でも乾燥肌に良い栄養素はあります。不飽和脂肪酸は脂質を作り出し、肌のしっとり感を整える働きをします。不飽和脂肪酸を多く含むのはサバやイワシなどの青魚です。

たんぱく質はコラーゲンの生成を促進する働きがあり、乾燥肌に良いとされます。このたんぱく質を多く含むのはささみ、卵、牛乳、魚介類などです。

また、血行を促進する働きを持つ鉄分は、肌の新陳代謝を助けるという意味では乾燥肌に良いと言えるでしょう。鉄分を多く含むのはレバー、ひじき、貝類、高野豆腐などでしょう。