乾燥肌に大事な洗顔方法

乾燥肌と洗顔の関係

乾燥肌の原因のところで触れましたが、間違った洗顔方法によって乾燥肌を作り出してしまう場合があります。そして、肌に合わない化粧品を使ってしまうことでも乾燥肌は作り出されます。

また洗顔料を使っての洗顔のし過ぎもよくありません。洗顔料は汚れもよく落としますが、肌にとって大切な皮脂も一緒に落としてしまうのです。皮脂を失った肌は水分を保つバリア機能を持たず、肌の水分は蒸発してしまいます。

洗顔のし過ぎや洗顔料の使い過ぎは肌の状態を悪化させ、乾燥肌を作り出す原因となるのです。特に乾燥肌への過度の洗顔料使用はよくありません。

 

乾燥肌に適した洗顔方法

もちろん、洗顔と洗顔料がすべて肌に悪いわけではありません。正しい洗顔方法で洗顔し、洗顔料を使う場合も用量を守れば、ちゃんと肌をケアできるのですから。

まず大切なのは、ぬるま湯で洗うということです。熱いお湯は水分を奪ってしまうので、ぬるいと感じる温度のお湯で洗いましょう。

洗顔料は適量をしっかりと泡立て、その泡でやさしく洗うようにしましょう。泡立てるのが難しかったり面倒であるなら、泡立て用ネットを使うと簡単に泡立てられます。ゴシゴシ洗うのは肌に刺激を与えてしまうので、いけません。

洗い方ですが、まずは皮脂汚れが気になるTゾーンから洗うのがよいでしょう。乾燥する頬などの部分は最後に洗ってください。乾燥するような部分はそれほど汚れも溜まっていないので、最後に軽く洗うだけで十分なのです。洗い終わったら洗顔料はよくすすいでおくといいでしょう。

また、夜の間に溜まる汚れはそう大したものではないので、洗顔料を使ってきっちり洗うのは夜のみにして、朝はぬるま湯で洗うだけで十分なのです。

洗顔料自体が物によって差はありますが、ある程度肌に負担をかけるものなので、毎晩きちんと洗顔していれば朝はぬるま湯で簡単に洗うだけでも十分きれいになるでしょう。