子供の入浴後の保湿ケア

入浴後の保湿ケアで気をつけること

子供のデリケートな肌を守るためには、入浴後の保湿ケアが大切になってきます。

入浴後の肌は10分経つとすでに水分が失われ始めるといわれています。入浴でうるおった体から水分を無くしてしまわないように、入浴後の保湿ケアはできるだけ早く、入浴後五分以内が望ましいと考えられます。

保湿ケアに使うアイテムは先述していますが、保湿クリーム、保湿ローション、保湿オイルなどを使いましょう。保湿成分が多めに含まれているクリームやローションは多種販売されてますが、子供の肌に合ったものを使わないといけません。肌にやさしい無添加のものがおすすめです。

子供の肌に合っているかどうかを試すときには、入浴後に限らず子供の手の甲などに少量を塗って少し時間を置き、かゆみが出ないかを確かめましょう。

ローションやオイルを使うさいにコットンを使用する場合は、子供の肌やアレルギー性の肌によいとされるオーガニックコットンがよいでしょう。オーガニックコットンは、綿100%のものよりもさらに肌にかかる負担が少ないのです。

 

入浴時に気をつけること

入浴後だけではなく、入浴時にも保湿ケアに関して気をつけておきたいことはあります。

まずは、手で洗うこと。子供の肌に傷をつけたり刺激を与えないためにも、スポンジやナイロンのタオルの使用は控えるべきでしょう。お母さんやお父さんの手で直接、やさしく洗ってあげるのがもっとも望ましいのです。

泡は汚れを落とすだけでなく肌へのクッションの役目も引き受けてくれます。うるおい成分の入った赤ちゃん用品メーカーのせっけんなどをよく手のひらで泡立てて、子供の肌をやさしく包みこむように洗ってあげましょう。

泡を流すときにはシャワーの水圧を少し下げるようにして、せっけんで洗う時と同じく、お母さん・お父さんの手で洗い流してあげると、肌への負担が軽減されるでしょう。

入浴の時は、お湯は少しぬるめくらいの温度がよいでしょう。高温のお湯では乾燥が促進される場合があり、乾燥肌に対してはかゆみを増す結果になってしまいます。