入浴剤の効果

乾燥肌への入浴剤の効果

入浴剤をお風呂に入れて肌をケアすることは、乾燥肌を改善する効率的な方法です。風呂に入浴剤を入れるだけと簡単なだけでなく、その風呂に入った家族全員がその効果を得られるという利点もあります。

低刺激性の入浴剤を選ぶこと

入浴剤にはたくさんの種類があるため、どの入浴剤が乾燥肌に良くてどれが悪いのか、よく分からない場合も多いでしょう。乾燥肌は非常にデリケートなので、入浴剤は刺激が弱いものを選びましょう。刺激が強いものを使うと、かえって悪化させてしまいます。

保温(ほおん)でなく、保湿(ほしつ)が大切

保温効果のある入浴剤も乾燥肌にはおすすめできません。体をあたため過ぎるとかゆみが増してしまうからです。
乾燥肌に向いているのは、皮膚の水分を保つ保湿(ほしつ)効果のある入浴剤です。説明書きや成分表などをよく読んで、適したものを選びましょう。

 

子供向けの入浴剤

では、子供の場合はどうでしょうか。

子供に適した低刺激性のもの

肌が弱い子供・・・特に赤ちゃんに大人と同じ成分の入浴剤を使うのは、大げさに言えば毒を使う事と同じでしょう。子供に入浴剤を使う場合には、子供に適した低刺激性の入浴剤であるかが重要ポイントになります。刺激が強い入浴剤は絶対に使用を避けて下さいね。

最近では赤ちゃん(子供)用品メーカーから、赤ちゃん専用の入浴剤も多くの種類が出ていますので、それらを選ぶといいでしょう。ただ、赤ちゃん用品メーカーのものとはいえ中には化学薬品がいくらか混ざっているものもありますので、それらは避けた方がよいでしょう。

子供の肌に適した赤ちゃん用品メーカーの入浴剤でも、購入のさいにはきちんと成分をチェックすることが大切です。

赤ちゃん・幼児にも使える入浴剤

【新生児から使える薬用入浴剤 「華密恋」】
保湿力と消炎力に優れた薬用ハーブ「カモミール」成分100%で作られた入浴剤。化学薬品を一切使わない低刺激性なので、赤ちゃんから大人まで安心して使えます。
 

次ページ
「乾燥肌にイイ入浴剤 華密恋」