ぶつぶつ、発疹の正体

発疹ってどんなもの?

子供の肌は大人と違い、色々な発疹が生じてきます。子供の皮膚に生じるぶつぶつや点々などの皮膚の変化は全て、発疹の中に含まれると言っていいでしょう。

そんな子供の発疹は、主にウイルスや細菌による感染で引き起こされますが、中には原因のよく分からないものもあります。
 

発疹と症状

生じる発疹から分かる肌のトラブルについて、以下に挙げてみますね。ごく一般的に見られる発疹だけでも色々な種類があるのが分かります。

 

乳児性湿疹」・・・顔や胸のあたりに、かさかさ、もしくはジクジクした発疹が出ます。生後間もなくから一歳頃までの赤ちゃんにできる湿疹をまとめてこう呼びます。

突発性発疹」・・・突然の高熱が2、3日続き、その後赤い発疹が顔、首、お腹のあたりに広がります。

じんましん」・・・全身にかゆみの強い、盛りあがった発疹ができます。治りにくいことが多く、何日も発疹が続く場合もあります。

アトピー性皮膚炎」・・・アレルギー性の皮膚炎で、皮膚の乾燥とかゆみのある湿疹が慢性的に続きます。顔や頭に湿疹ができて、それからお腹や背中に広がっていくのが一般的です。

カンジダ皮膚炎」・・・カンジダ菌というカビの一種に感染し炎症を起こす病気で、おしりやまたなどに赤いブツブツや小さい水ほう、膿を持った湿疹ができます。

麻疹(はしか)」・・・風邪の諸症状で始まり結膜炎を起こし、口の中に白い点々ができます。その後顔や体中に赤みを帯びた発疹が現れ、高熱や激しい咳などの症状も出ます。

風疹」・・・リンパ節の腫れが最初に起こり、次いで小さい赤い発疹が顔に出て、体や手足に広がっていきます。

ヘルパンギーナ」・・・突然の高熱で発症し、のどの奥や口の中の色々な場所に特徴的な口内炎ができます。

水ぼうそう」・・・体中に水ほうができます。高熱をともなう場合と、熱が出ない場合があります。

ヘルペス性口内炎」・・・発熱後に唇、舌のあたりに水ほうが現れます。口内炎は多数現れるため食事が困難になります。単純ヘルペスの初感染で起きます。

リンゴ病」・・・顔や体、手足に赤みや発疹が現れます。顔の赤みは大小の斑点状に、手足の赤みはレース状になって現れます。

手足口病」・・・高熱が出た後に手足に発疹が出たり、口内炎が生じます。舌にできる口内炎は大きく痛みも強く、食事が取りにくくなります。

とびび」・・・ブドウ球菌によって引き起こされるとびひは大小の水ぶくれが広がり、溶連菌が原因で起こるとびひは顔や手足に黄色の浸出液やかさぶたを生じて広がります。

水いぼ」・・・皮膚のウイルス感染症で、あわ粒大の小さないぼが少しずつ大きくなります。引っかいてつぶすと、周囲に大小のいぼが生じます。