子供のオムツかぶれとは?

オムツかぶれが起きる原因

オムツかぶれとかオムツ皮膚炎とも呼ばれ、おしっこやうんちから発生するアンモニアや、うんちに含まれる酵素などを原因として起こる炎症です。低月齢の内はおしっこの回数も多くうんちもゆるいものが多いのですが、そんなうんちやおしっこが長時間おしりにくっついていると、アンモニアや酵素が肌にダメージを与えるのです。

また、赤ちゃん(子供)の健康状態や体質、環境や季節、それにオムツ内のムレなどもオムツかぶれが起きる原因となるでしょう。

オムツかぶれはオムツと接しているか所の肌に見られるのが特徴で、オムツの当たる部分が真っ赤になって湿疹ができます。健康な肌であればトラブルは起きにくいのですが、荒れて傷ついてる肌であればおむつかぶれが起きやすくなります。

悪化すればただれたり血がにじんだりする場合もあるので注意が必要です。

 

オムツかぶれの予防

肌を清潔に保ち、できるだけサラサラの状態に保つことが、オムツかぶれ予防には重要です。

毎日お風呂に入れて、オムツを替える時はおしりふきなどでしっかりきれいにしてあげます。赤ちゃんが汗をかいたらやさしく拭いてあげて、肌着などを着替えさせるとよいでしょう。

お風呂に入れた後やおしりを洗った後はしっかり乾かして下さい。おしりの周囲をしっかり乾かしてサラサラに保っておくことが、オムツかぶれ予防の大きなポイントです。

オムツかぶれができるおしりや陰部のあたりには、ベビーパウダーを使うのをおすすめします。また、こまめなオムツ替えをすることでもオムツかぶれは防げるでしょう。