赤ちゃん・幼児の肌トラブル

赤ちゃん・幼児の肌トラブル

赤ちゃんには肌のトラブルはつきものだといわれています。それはまた幼児にもいえることです。子供の肌にトラブルは、切っても切り離せないものなのです。

我が家には二人子供がいますが、下の子は生後一週間ほどの頃からずっと肌のトラブルに悩まされてきました。いわゆる乳児性湿疹です。

あごにポツポツ、額にポツポツ、お腹にポツポツ、足にポツポツ、お尻にポツポツ、頭にもポツポツ・・・。あんまりひどいので小児科で診察を受け、塗り薬を処方してもらいました。

薬を塗ればある程度は改善が見られましたが、完全に治ったというわけではありません。下の子は約一年、湿疹に悩まされることになります。湿疹がかゆくてむずがる子自身も辛いでしょうが、そのむずがる子に薬を塗るしかできない親の私たちもまた辛いというものです。

とはいえ、我が家などまだ序の口。世には子供の肌のトラブルで深刻な悩みを抱える家庭も数多く存在しているのです。

 

色々な肌トラブル

乳児性湿疹と呼ばれるもののほかにも、赤ちゃんや幼児には色々な肌のトラブルが発生します。

・アトピー体質やアトピーの素因を持っていれば、アトピーに。

・水泡が出来れば、とびひに。

・赤いブツブツが出来れば、汗疹(あせも)に。

・お尻にブツブツや水泡ができれば、おむつかぶれに。

・痒みをともなった腫れや水泡ができれば、虫さされに。

・水を含んだいぼができれば、水いぼに。

・・・ざっと挙げるだけでも赤ちゃんや幼児はこれだけの肌トラブルに見舞われるのです。そして乾燥肌も、その肌トラブルの内の一つです。

イメージから考えると、若くみずみずしい赤ちゃんや幼児の肌は乾燥肌とはほど遠いもののように思われます。しかし実際には赤ちゃんや幼児でも乾燥肌になるのです。

参考サイト:子どもの肌トラブルには→薬用入浴剤「華密恋」