子供が肌をかゆがる時には

かゆみの原因は?

子供がかゆがっていたら、まずは原因を突き止めることが重要です。かゆみの原因によって対処法やケアが異なってくるからです。


乳児性湿疹や汗疹、おむつかぶれなら肌を清潔に保ったり保湿ケアを行って下さい。また、こまめにお風呂に入れたり患部を拭いたり、汗をシャワーで洗い流したりすることで対処できます。しかし炎症を起こしてしまったり発熱したり、なかなかかゆみが治まらない場合は病院へ行くことをおすすめします。

同じかゆみをうったえるものでも感染力の高いとびひは、少しでも掻きこわすとまたたく間に全身に広がってしまうので、早めに受診した方がよいでしょう。

虫さされもまれにアレルギー症状を引き起こすことがありますので、発熱や嘔吐などの症状が見られた場合はすぐに病院に連れて行く必要があります。

かゆみを止める方法は?

かゆみを止めるには、かゆみ止めの薬を塗ることが一番でしょう。しかし市販の薬を使ったり、子供にすぐ薬を使うことに抵抗があるなら、かゆみをごまかして止める方法もあります。

まずは冷やしてかゆみを止める方法です。保冷剤や氷を布やタオルに包んで患部に当て冷やしてやると、冷たさの刺激の方が上回り、かゆみを抑えることができます。ただ、冷やしすぎてはいけないので、一瞬や短時間、当てるだけにしましょう。

清潔なタオルを冷たい水でぬらして患部に当てて冷やすのも効果があります。

他には、かゆみを抑えるという効果とは少し違いますが、子供の興味を別のものに移してやるとかゆみを忘れて、掻きこわしなどを防ぐことができます。しかしこれは強いかゆみには効果はないでしょう。

また、汗をかいて肌がかゆみを持つ場合もあります。そんな時はぬらした冷たいタオルでしっかりと体を拭き、汗を拭きとってさっぱりさせてあげればかゆみも止まります。

 

次ページ
HOME「子供の乾燥肌の症状」